花を用いた認知リハビリテーション用具・アートフラワー版「SFAキット」販売開始

余暇活動の1つであるフラワーアレンジメントの作成には、
視空間認知能力、記憶、注意など様々な認知機能が必要とされます。
本キットでは、フラワーアレンジメントづくりを楽しみながら
認知機能のトレーニングを行います。

スポンジ上の●や▲の印に花材を挿すことで、
パズルを組み立てるようにフラワーアレンジメントをつくります。

本SFAキットは、農研機構と茨城県立医療大学が共同開発した生花を用いた認知リハビリテーション(SFAプログラム)を造花に置き換えた訓練用具です。SFAはStructuredFloralArrangementの略であり、事前に決められた手順でフラワーアレンジメントを作成することを意味しています。

高次脳機能障害者を対象に4週間に6回のSFAプログラムによる介入を行いました。介入中に行った視覚性記憶テストでは、SFA介入群において有意な得点の上昇を確認しています(図)。そのほか、左半側空間無視や構成障害の改善にも寄与することが報告されています。

詳細は農研機構のウェブサイトをご覧ください

 

 

●SFAキットには基本Mセット(¥58,000)と発展Lセット(¥78,000)の2つのタイプがあります。認知機能訓練の程度に合わせてお選びください。

●発展Lセットにはメイン花材9本(+5本)、サブ花材8本が含まれ、より複雑なデザインのフラワーアレンジメントを作成します。

●印付スポンジは消耗品です。25個入り¥7,900で販売しております。

本製品は、特許第5201552号を使用しています。

 

資料をダウンロード(PDF形式)